新ロジック発表・先行予約受付開始しております!

メルマガ登録にてご確認くださいませ!

メルマガ登録はこちら

【コラム】W杯日本代表、第二戦のセネガル戦を2−2の引き分け!決勝Tはあるか?

こんにちは、BuzzerBeaterです。

日本代表についての過去記事です

【コラム】W杯予選:日本対コロンビア戦後の雑感など
こんにちは、BuzzerBeaterです 日本が2−1でコロンビアに勝利。完全なるアプセット、ジャイアントキリングが起きた。試合前の午後に下記の記事を書いたので貼っておく 代表ディスりをメインに僕の個人的見解を正直に述べ...
【コラム】W杯予選:日本代表の初戦勝利を振り返ります。勝因の要因は?
こんにちは、BuzzerBeaterです 試合直後の雑感はこちらからどうぞ 試合録画をもう一度見てみました。今回の初戦の勝因を独断と偏見で探ってみます。私の予想は0−3で日本が負けるというものでした。下馬評はコロンビアは...
【コラム】W杯予選:セネガル戦は苦戦する。勝ち目は無い
こんにちは、BuzzerBeaterです。 過去記事です: メディアハイプが凄いですね。勝てば官軍ですが、メディアの手のひら返しも驚く物があります。あまりの節操の無さに具合が悪くなります。西野監督のモテモテエピソ...
【コラム】W杯予選の結果と、日本代表:セネガル戦について(試合前)
こんにちは、BuzzerBeaterです。 日本代表についての過去記事です W杯開催前から日本代表は惨敗する、1勝も出来ずに終わると豪語していました。しかしなんていうことでしょう、ご存じの通りコロンビア戦...

W杯前から代表のクオリティやサッカー協会への苦言などハッキリと意思表示をしている。今回のW杯、弱小チームが強いチーム相手に善戦もしくは下克上をしているのを見て、コロンビア戦を勝ってしまった(笑)日本に期待を寄せる人も多かったとおもう。

2戦目は強豪セネガル。H組の中で「一番強い」という下馬評のチームだが初戦のポーランドを2−1で撃破している。

そのセネガルに日本代表は2−2で引き分けた。

試合の内容を見ると、勝ちきれなかったというのが本音。粘って同点にもっていけたにせよ、ここぞの場面で点が取れない状況はセネガルも日本も同じ。セネガルを見て感じたのは、速い・デカい・巧い個々がいるが組織的にそれなりに連動するが、個々がハードワークしている時間帯が限定的だったことや、途中で同点でいいや、という決して高いレベルでサッカーをしていなかったこと。

まずは失点シーン。GK川島は、万が一決勝Tへいくのであればスタメンから外してもらいたい。下手すると決勝Tへいけない理由は彼に起因する可能性が高い。原口のクリアミスは明らかで、ここが一つのミス。しかしミスをカバー出来なかった川島、2戦連続のミスはW杯では許される物ではない。もはや「漫画レベル」で酷いプレー。ありえないね。

2点目は技あり。これはセネガルが巧かった。手放しに相手チームを評価すべき。日本もDFはしっかりしていたが数少ない厳しい時間帯の中でやられたのは忘れてはならない。

日本の得点シーンだが初戦は大迫、第二戦は乾がラッキーボーイとなる。得意の左サイドからのシュートはお見事。その前の柴崎から長友へDFの裏へのロングパス、長友の技ありトラップからの乾のシュートだったので流れの中で得点出来た事は自信に繋がっただろう。

そしてケイスケホンダ。笑ってしまいました。「持っている」と言う表現があるが、この人の強運はたまたまのレベルでは無い事は確か。ここぞの場面で地蔵のようにゴール前に立つところへラッキーボーイ乾のフィード。岡崎のお得意な倒れ込みで、前に出すぎたGKとの接触プレーがヒヤっとしたが、ケイスケホンダが決めた。2−2。

取られて取って、取られて取っての引き分けなので、粘り強く戦った選手を褒めたいと思う。しかし決定機が、勝ちきる事が出来た試合でもあった。

西野采配についてだが、ケイスケホンダ、岡崎投入は「ハマった」采配として評価をされているが「電通采配」と揶揄されていることも申し上げておく。看板選手が出場する機会を作ってくれという大人の事情が裏にあるのは当然のことだろう(スポンサー)。ハリル解任もここが理由の一つと推察。ほぼ間違っていないでしょう。後は川島もういいでしょう。必要ですかね?疑問視されるのは当然だし、西野采配というよりは雰囲気を壊したくないという考えが先行しているようにおもう。川島の漫画プレーはもう要らんよ。

10人のコロンビア相手に勝ち、流れ的に勝てるはずのセネガル戦に勝ちきれず、ハリル時代に決定力不足を批判され続けたチームだが、ポーランド戦を見て正当な評価をすべきかなと思う。負けなければ決勝T進出だが、どうなるだろうか。

日本はぶっ飛び素晴らしい選手がいない平均的な選手の集まりではあるが、W杯経験値の高い選手が他のチームより多い。ここは評価して良いところかもしれない。アベレージプレイヤーがそこそこの結果を出すと言うことが立証された形になるが、棒にも箸にもひっかからないというレベルではなく、そこそこやってくれるところに今回の代表の不思議さがある。

個々がハードワークするからこそ、つまらないミスが致命傷にはならずなんとか持ちこたえているといったところか。ラッキーもW杯のおもしろいところ。ポーランド戦を冷静にみてみたい。

コロンビアが本来の姿で戦っているのを見て、いかにコンディショニングが大事かもわかりましたよね。ハメスやファルカオが本気出すと凄いってことですね。

ポーランドは敗退決定しているので、日本との戦いをどうするのか全く検討がつかない。消化試合をどう捉えて戦うのか。日本は勝ちきってなんぼ、引き分けても決勝進出ですが負けられない。この3戦目は違った意味で難しい試合になるだろう。

僕のセネガル戦の予想は、2−1でセネガル勝利。槙野がスタメンなら3−0。槙野はスタメンではなかったので(出場無し)2−1のまま終わるかとおもいきや「持ってる男」ケイスケホンダに同点弾を決められました(笑)ということで、予想は外れましたが惜しかったぁw

ポーランド戦については改めて。