新ロジック発表・先行予約受付開始しております!

メルマガ登録にてご確認くださいませ!

メルマガ登録はこちら

【コラム】サッカー日本代表:W杯ではミラクルなど起きるわけがない理由

こんにちは、BuzzerBeaterです

今日はNBAのファイナルがあり、キャブスがあっさりと金満チームに負けてしまった。ファイナルで4連敗は久々じゃないだろうか。ブルズ・MJ時代からNBAは見ているけど、まぁつまらんファイナルだった。

NBA自体もルール改正やファン層を増やすための「企業努力」をしてきたのだが、昨今はNBAファンが世界中に広まり莫大な放映権を各国のスポーツネットワークへ売ることで潤っているのだが、レギュラーシーズンの試合数の多さによる選手達の怪我がシーズン後半に顕著になり、主力級の選手がプレイオフ前に離脱する自体がある。最終的にファイナルまで残るチームは今年も優勝したゴールデン・ステート・ウォリアーズ(GSW)のような金満チームで、オールスター級の選手が控えに回るようなディープなチームが、最高のコンディションを維持したまま最終戦まで残っている。ある意味当然だ。相対するクリーブランド・キャブスはレブロン・ジェームズがほぼ一人で3人分の仕事をするようなチーム構成と戦術で、レブロンが機能しなければチームは崩壊する。長いシーズン、そしてプレイオフを勝ち抜いたはいいが、ファイナルに入り満身創痍のチームはコンディションが最悪になる。GSWがあっさりと4連勝して幕引きとなった。コミッショナーが優勝カップを持って出てきたとき、ブーイングが出たくらいだから真のNBAファンが怒っていたことは無理も無い話だとおもう。

昨晩は夜中2時にスイス戦があったのだが、早朝から予定があったのでざっとニュースで見るだけ。結果なんぞは負けて当然と最初からわかっていたので特に驚きもせず。妙に持ち上げる浮かれた馬鹿メディアに終始違和感を感じているので、現実直視すればW杯予選で1勝するなんて夢のまた夢で、負けられない試合だなんだと騒いで視聴率狙いの煽りをする民放やくだらん解説は音を消してみる派だ。公共放送で淡々とした実況・解説で観戦するが、今回ばかりは福西氏も無言になる事が多かったようで。本田ジャパン、忖度ジャパンなんて揶揄されているけど、もしアナタがミラクルを期待しているならやめたほうがいい。

なぜならミラクルは偶然おきるものではないからだ。

個人の力と確固たる戦術をベースにしたチーム力、サポートする側の裏方、協会やスポンサーなどのフルサポートがあってはじめて勝利を得られる。

今回、本戦2ヶ月前の監督解任劇などは世界的に見ても前代未聞で、世界から見たとき「日本はなにやってんの?アホか?」と思われていることはハッキリいっておく。誰の目から見ても異常の沙汰で、今や誰がやっても100%負けることはわかっている。であれば、ハリルさんにやらせてもよかったんじゃないの?と思うけど。

だいたいコミュケーションに問題があるなんていう誹謗中傷になりうる言葉を浴びせ解雇するなんておかしい話。ハリル氏ほどtoo muchなくらい選手達とコミュニケーションを取り、必死に自分の意図や日本代表の未来を構築しようと奮闘していた監督もいない。過去を振り返っても、ジーコ氏やザッケローニ氏などはメディア対応が巧く、日本特有の「空気感」を掴みながらチーム構築していたが、結局結果を出せずに終わってしまった。得点力不足は常に日本代表の「課題」だと20年以上も言い続けているが一向にそれはかわることはない。こうなると監督の責任というよりは、代表選手に選ばれる選手達の絶対的な能力の問題が疑問視されるが、前大会の海外経験豊富は主軸選手達が今年も選ばれ、同じようなメンツ構成になってしまったのは、結局、Jリーグのレベルが全く向上しておらず、若手育成という大事なところが協会が本気出向き合うこと無く無駄な時間をすごしているからだと僕は思う。

悪いが欧米人が日本人に「コミュニケーション」を問題視されるなんて、ありえないだろう。コミュニケーションという名の「日本的な空気を読む人間関係」が出来なかったハリル氏が責められただけのこと。ハリル氏はあえてしなかったのかもしれないし、何が本当にあったのか、なんて今更誰もわかることではない。

また、監督一人を変えたからと言ってチームの能力があがり、良い方向へ激変するわけもなく、監督一人に責任の所在をぶつけすぎている感も否めない。軸となる選手、今回の場合は推察だが本田圭佑となるが彼や香川選手、岡崎選手などの実績ある選手たちが、予選の途中で怪我で離脱もしくは監督の采配で代表招集に選ばれなかったところから「歪み」が起き始めている。

今回のW杯も含めて次の大会も視野に入れてチーム作りをしていくのなら、30歳前後のプレイヤー達は外されていくのは当然だ。世界では19歳、20歳などの若手が中心となっているチームも少なくなく、W杯という短期決戦では実績を重要視するよりも、スタミナや瞬発力を多分に持った選手達が選出されるべきだと僕は考える。

新監督に就任した西野氏は「マイアミの奇跡」を起こしたチームの監督として評価をされたようだが、申し訳ないがブラジル相手にたったの1度勝利した試合の監督をしていただけのことで、その他にクラブチームで優勝をした経験もあるが代表という特殊な環境での実績はほぼ無いに等しい。ただ、西野氏以外に誰がいるのか?となると岡ちゃんこと岡田監督がわかりやすい候補にあがるが、彼はこんなところで簡単に引き受けるほど馬鹿ではないし、2度と代表監督は引き受けないと公言しているので、選択肢には上がらなかったのだろう。となると、不可解な解雇をした日本のサッカー協会は外国人監督からは敬遠されるし、今大会以降の監督選考は難航するであろうことは容易に推察出来る。西野氏に話が言ったのはスポンサーなどの大人の事情をソンタクするだろう、と読んだからだろうしうがった見た方をすれば、今回結果が出なくても(全敗して終わるでしょうから)おとがめ無し、協会に重役のポジションは確約される、など永田町的な思考で事が及んでいることも容易に推察出来る話だ。

協会はスポンサー・電通などの「金」を牛耳る連中からの圧力が相当なものだと推察できるし、ハリル氏が代表の看板的な立場を担っている本田圭佑や香川選手を切った事が、ハリル氏の解雇の一番の理由ではないかと考えるのが妥当。

西野氏だが、就任会見やその他のインタビューを見ても下向き加減で声に張りが無く、自信なさげで目が泳いでいるのを見ると、うつ病じゃないのか?と思うほど覇気もやる気も感じない酷い対応をしている。ただ、真面目実直であることは見ていればわかるし、嘘は言いたくないのだろうから「まじでやべー」という空気感満載なのはどんな強心臓な人が請け負っても感じる立場だろう。それがあまりにも露骨すぎて思わず失笑してしまった。あんたがそんなんじゃ誰もついてこないよ、と言いたいしアタマ張るって決めたのならもっと声出していけよ、と言いたくなる。更年期障害?鬱?よくわからんが、選手達が酷いパスワークとシュートも譲り合って打てないのであれば、ガッツリ切れまくって叱責するくらいの気概を見せろよ、と言いたい。あんた監督だよな?と。

良いところはあった、攻守の切り替えはできていた、ってオマエ試合みてたのかよ?と思うような事をガーナ戦後で言っていたのは誰に向けていっているのだろうか?だからソンタクジャパンなんて名前がついてしまうのだろうし、サッカーファンの目は節穴ではない。国民を愚弄するのもいい加減にしろ、と言いたかった。だがネガティブなことは言っていられないほど尻に火がついているのはよく分かるし、状況的にもう何も言えないというほどの緊急事態なんだろう。チームの雰囲気を見ても笑っている奴はひとりもおらず、またサッカーを心から楽しんでいるようにも見えない。

選手のインタビューを聞いても皆さん異口同音、ポジティヴ、覚悟をして、緊張感を持って、前向きに、課題をひとつずつクリアし、連携を強化し、結果を出したいと言う。20年も前から同じ事の繰り返し。

結果が出ないという事が今の日本代表の「実力」であることを、国民全体が受け止めなければならない。Jのレベルを見よ。あの低次元で遅いサッカーは世界は一切通用するものではない。海外組もいまや一線でプレー出来ているのは一握り。その一握りが控えにいる。おかしくないか?

ソンタクジャパンには次のパラグアイ、予選のコロンビア、ポーランド、セネガルに1勝も出来ず下手すりゃ1点も取れず、惨敗して終わるだろう。紙一重で戦っている連中に、ペナルティエリアまでボールを運ぶ技術もなく、無駄なシュートを打たされ、チャンスとおもいきや緊張で堅くなり枠を外すなんて事は20年以上前から見てきた。ザッケローニ監督時代のチームは素晴らしかったとおもう(比較的)。だが、あのチームでも結果が出なかった。短期決戦に強い監督ではなかったザック氏(イタリアのクラブチームでは結果を出せていても)が交代枠を使い切らず試合が終わった時などは唖然としたものだ。それはジーコ氏も同じ。監督が試合を壊してしまう事だってあるが、W杯の恐ろしさというのは本当に何があるかわからない、ということ。

と言っても悪いことが起きるのが当然で、決して良い方向に「ミラクル」が起きるなんて都合の良いことは100試合やったっておきやしない。もしそれを期待しているのなら、無駄な事です。サッカーはそんな甘くないですから。

Wake up and smell the coffeeということわざがあるのだが、本当に、現実を見た方がいいよ、ジャパン。僕たちのチームはクソ弱いんだよ。ま、なんて言いながら一番率先して試合を見るんだけどね(笑)さってサッカー好きだし、良い試合を見たいから。でも、ちぐはぐで何をしたいのかわからない、主体性のない覇気の無いプレーを見る気は無い。選手達は死に物狂いでやってくれるだろう。それは期待する。監督・スタッフ、あんた達こそ選手以上に暴れまくって気概みせてくれよ。協会のオッサンどもに言いたいけど、川淵さんがいた頃を振り返って反省しろって。あの頃のジャパンは今よりサッカーは下手だったけど、勝ちたいって気持ちだけは誰にも負けてなかったぞ。精神論で終わらせたくないけど、最初にそれがあってこその勝負だろ。大人の事情だかなんだかしらんけど、下らん政治や金の圧力なんてやってないで、10年20年後の日本を見据えて本気で何かやれって話だよ。

今回のW杯、結果がどうであれ協会の現会長やその辺の使えないクソ馬鹿オヤジどもは全員やめてしまえ、と言いたい。川淵さん帰ってこないですかね。。。

今回の退任劇からのチーム力低下はW杯に対しても失礼な話で、予選で戦ってきた各国のチームに対しても無礼な話だと個人的には感じています。予選時よりも弱くなってどうする?

理解不能な大人の事情が露呈した現状、協会の責任は重い。セルジオ越後さんは常に批判的かつ辛口に代表をこき下ろすが、私はほぼほぼ賛同している。今に始まった事ではなく昔から口酸っぱくして言っていた。国民は浮かれるべきではなく、お祭り騒ぎにするのではなく、現代表のチーム事情は歴代の代表チームの中でも最低ランクにあるということは認め受け止め、全敗して負けた時によくやったと言うのではなく、お前らふざけんな、これを続けるなら応援なんてしてやんねーからな、と叩きまくった方が今後のためだとおもいますよ。