コラム

バイナリーオプションやFX情報商材詐欺への注意喚起

世の中にはたくさんの情報商材、教材などが蔓延っています。何がホンモノなのか、何が使えるのか、何が詐欺かなど見極めることが大変難しい時代になりました。

バイナリーオプションで稼ぐ事は、株式やFXと同じで自己責任です。そして最初に勉強をたくさんしたものが、結果的に最後に勝ち残る世界でもあります。弱肉強食であることはどの世界も同じだとおもいます。

ネットにあふれかえっている情報の中から、ご自身にとって使えるモノ、詐欺まがいまたは詐欺ではないものをお伝え慕い気持ちもあり、このブログを立ち上げた意味の一つでもあります。

この数ヶ月様々な形でバイナリーオプションや投資の勉強をしてきた結果としてお伝えすべき結論が出ました。

シグナルツールで勝率80%なんてものは存在しない

 

シグナルツールを参考にバイナリー参戦されている方は多いと思います。私も最初は無いと不安になっていました。取引する際に頼るモノがないという漠然とした不安ですよね。

しかし、冷静に考えてくださいね。もし勝率80%なんてただシグナル見てその通りに買って勝てるなら、誰も苦労しませんよね?

おかしくないですか?何を持ってして勝率80%などと言っているのかもわかりません。

そのガイドラインは?1分取引なのか?3分取引なのか?

1分だとしても、そのツールはいつどのタイミングでシグナルが出るのか、そして

そのシグナルが出たらいつどのタイミングで、どの取引条件で「打つ」のか。。。

何の説明もなく闇雲に参戦しているのであれば、

あなたは必ず負けます。必ず。

もしネットやSNSなどで、バイナリーオプションやFXシグナルツールで80%以上の勝率を誇ります!なんて大げさで派手な広告やキャッチコピーがある場合は無視が賢明です。

絶対に勝てないので、注意をしてください。騙されないでください。

5000円のツールでも10万円のツールでも同じです。最後には言い訳がましく必ずどこかに「投資は自己責任です。一切の責任は負いません」「シグナルは全て有効では無く、トレンドの方向性などを見極めながら、裁量も必要になります」などと謳っています。

もしシグナルツールとして勝率80%なんて言うのであれば、裁量云々関係ないでしょ?と突っ込みたくなります。

YouTube動画などにも騙されるな!!

最近はバイナリーオプショントレードの画面を見せながら実際の取引をしているところを動画にしてアップしている方がたくさんいらっしゃいます。

全てを否定するわけではありません!中には「凄い方」「ホンモノ」はいらっしゃいます。

しかし、ニコ動画などで、バイナリーオプションを丁半博奕のようにめちゃくちゃな参戦をしている動画なども蔓延っているのは残念でなりません。

またシグナルを売るために捏造動画も出回っていますし、バイナリーのデモトレードであたかも稼ぎまくっているような「煽り」動画も散見していますので注意が必要です。

バイナリーオプションで絶対的に勝てる方法はあるのか?

ハッキリいいましょう。投資に「絶対」はありませんので、答えはNOです。

がっかりしましたか? こればかりはどうしようもありません。

しかし、

勝てる方法、きちんとしたロジックは存在します。そして、そのロジックこそ私が今後ここで少しずつアナタにお伝えしていきたいと考えている手法です。

今後は私の参戦手法を徐々に公開していきたいとおもいます。

基本ロジックは大変シンプルなものです。平均足を使った手法です。大変理にかなった方法ですが、100%勝てるものではありません。

しかし、1日のエントリー回数を3回〜5回と限定し、1日3〜5万円の利益を上げるのは難しい話ではありません。メンタルのコントロールと、資金配分、そしてエントリーポイントだけしっかりと習得すれば誰にでも可能な手法です。

まとめ

巷のシグナルツールは信用に値しません。もし勝率80%を謳っているようなシロモノであればまずは疑ってかかるべきです。もしそんなに凄い結果をコンスタントに出せるツールがあるのなら、私が使いたいくらいです。黙ってシグナルが出て買えば勝てるなんていう都合の良いモノはこの世には存在しません!!

私の手法についてはまた後日。楽しみにしていてください。

 

読むだけで勝率55~60%を出せるだけのノウハウを全部詰め込んで、なんと無料で配布することにしました。

レポートは2部構成で70ページ以上のボリュームです。是非アナタのトレードに役立ててください。

 

無料メルマガ登録を頂ければ無料レポ以外にも、無料特別動画を7本

 

「初心者が知るべき7つの心得」を受け取ることができます。

 

詳細はメルマガ登録から最初のメールをご覧ください。

RELATED POST