コラム

バイナリー専業トレーダーの生活ってどんな感じなの? 1日10時間以上チャートにかじりついてるの?【2019年】

こんにちは、BuzzerBeaterです

バイナリートレーダーはどんな生活をしているのか?副収入を得ている「副業トレーダー」ではなく「専業トレーダー」の生活です。興味ありませんか?

今回は私の「トレーダー兼講師」としての生活をご紹介したいとおもいます。

専業バイナリートレーダーの午前中の時間割

7am ⇒ 起床、朝食、メールチェック
8am ⇒ チャートチェック、朝の市況メール配信(会員様限定)
8:30〜12pm ⇒ トレード、ZOOM無料講座

基本的な考え方として、お昼までにその日の稼ぎ、

出来る限りトレードを終わらせるようにしています。

BOプロフィティア関連の打ち合わせは夜が多いのですが、

私の「就業時間」は午前中に集中させてしまい、

午後はゆっくりランチ、シエスタ(昼寝)、

コンサル生さんとの対話・講義の時間に充てています。

トレードポイントを見つけるのはさほど難しい事でもありませんから、

順張り・逆張りの両目線で、臨機応変にエントリーし、

4、5回のエントリーを一気に終わらせて利益確定します。

午前にZOOMを行う場合もありますので、コンサル生さんとの

予定が午前の場合は、無理にトレードすることもありません。

朝の見解(朝会)も不定期に実施しています。

専業バイナリートレーダーの午後はどうすごす?

お昼以降は午後の予定により色々ですが、トレードや仕事以外の予定がある場合は外出、ZOOM講座の場合は14時くらいまではお話、ランチは外出の場合もあれば作業場でサクッと済ませることも。

15時の日本株式市場が終わる頃は為替相場も荒れ気味になるのでノートレード。チャートさえ見ない。無駄な時間は過ごしません。

昼寝は必ずしますw シエスタは必須。理由は簡単です。

アタマが元気じゃないとトレードは無理なので、30分ほど絶対に寝ます。

トレード時間は朝の8時半あたりからお昼くらいで終わらせるので、午後は無し。16時以降は欧州相場開始しますので、動くが粗くなる。観察をしていることの方が多く、よっぽどチャンスだと感じる時以外は入りませんが、午前中の動きが散漫なときは、夕方に切り替えて午前を完全に捨てる日もあります。

最近はチャートに張り付ける時間が多くありますが、情報集集や本を読んだり映画を見たりしてることの方が多くなったので、基本的には固執しないですね。

しんど、っておもったら辞めますし、チャート見てると本気モードになってしまい集中するので、気づけば1時間半なんてあっという間に立っている。

この間、ずーっとチャートを凝視しているので疲弊するんですよね。健康的ではないので、無理っぽいなと思ったときはさっさと辞めます。

これが私のメンタル管理法のひとつです。常に健康な状態、

元気な脳と身体がないと勝負で勝つことは難しい。だから、疲れているときはノートレードです。

基本的に大型液晶の方にチャートを出しておいてチラチラ観察しつつ、iPadでNetflixみつつ、MacBookでメール返信やDiscordへのコメント、会員様への対応、って感じです。

映画見つつも無音でバスケとMLBは絶対に見ているという「超ながら族」です。

専業トレーダーの夕方から夜間の過ごし方

「講師」としては「営業終了」し、17時に息子を幼稚園まで迎えにいきます。飯を作ったりそのまま外食へ出ることがあるので、パソコンは見ていません。

iPhoneでチャートチェックもしません。取引も勿論しません。完全にオフってます。20時くらいまでご飯食べたり、息子と遊んだりしますが、1時間だけ近くのカフェへ出ることもあります。週に2,3回です。珈琲とシガーです。たばこは吸いませんがシガー好きなんで。そこでPCを持ち出してカフェ・トレード出来る時はします。

動画も作成出来る時間ですし、メルマガのアイデアを考えたりも。

無理なトレードはしません。あ、これくるな、ってのはチャートみてればわかるので、その時だけ。あとは他のことをしています。海外で発信されている仮想通貨系のインフルエンサーさんたちの動画はかなり面白いので、半年前からドハマリしていますね。勉強になります。バイナリー系は一切見ません。

本当に勝ってる人なんて殆どいませんからね。(ひとりだけ凄い人いますけど。別次元の人です。尊敬しています)外出した場合は21時半くらいには戻り、風呂に入って寝る。です。

夜間トレードはほとんどしませんが、BOプロフィティアの検証などもあるので、23時以降チャートを開くことはしても、見ているだけが多い中、23時~25時で起きていればシグナルに反応することはあります。

しかし、夜にトレードするよりは脳みそを健康な状態にすることを優先的に考えています。夜間に会員様からメールを頂戴することが多いですが、ざっと目を通して返事できるものは直ぐに返事しますが、次の日の午前中に持ち越すときが殆どです。

サポートもアタマがシャープな時でないときちんとお答えできませんからね。相当数のメールを毎日頂戴しますので、最近はお返事に48時間ほどの余裕をいただいております。

まとめ

ざっと時間軸で私の1日をお伝えしてきました。

通勤電車には無縁。人間関係もほぼなく、仙人のような生活です(笑)

でも、家族との時間、自分の時間がたっぷりある。最高です。1回のトレードはたったの3分〜13分くらいですが、成功するためには1時間、2時間、3時間という待ち時間と膨大な分析があります。これ無しには勝てません。

取引時間は短くとも準備がその数十倍必要ってことですよね。1日に10時間チャートにかじりついている、ということはなくてもどこかでチャートが気になっているのは事実ですので、チラチラみながら狙えるポイントはいつも探している状態です。

野球の内野手は常につま先だって身構えなきゃいけないですが、トレーダーも同じでしょうね。ただ、これ、疲れるんですよ、やっぱり。だから、オンオフのメリハリをつけるように努力しています。

あとはチャートを見るときの自分のエネルギー消費量を少なくするように凝視しないようにします(笑)うまく、テキトーにしていますw

私にとってのNetflixやNBA,MLBというのは、緩くチャートを見る方法の一つなんですよね。じゃないと入れ込んでしまいますからw

BOプロフィティアを使い始めてから、凝視する必要がなくなったのでストレス軽減、時間効率が相当良くなりました。トレードも楽になったなぁと。

BOプロフィティアがここだよ!というシグナルをくれるので、有り難いですね。もっと、裁量トレードスキルをあげて始めてBOプロフィティアの凄さに気づくので、是非とも副業でバイナリーをやりたい方は、ライントレード法を学んで頂ければ嬉しくおもいます。

自由な生活への入り口ですよ。お問い合わせお待ちしています。

無料相談受け付けております。

 

追加情報 – 重要告知:2019年9月末 NEW!

当サイト、メルマガは年内を持ちまして閉鎖いたします。

日本の金融庁は海外取引所についてあいまいな態度をしている限りはバイナリーオプションは「稼ぎ場」の一つとなりますが、欧州ではFCAがすでに「違法」とみなしており、取引所に預けている資金を引き上げるよう注意喚起を広めています。

FCAの声明はこちら

2017年より運営をしてまいりました当サイトもメルマガ登録者は1000名を超え、その中で250名以上の方に教材を手に取っていただきました。プレミアムメンバーは勝率70%を維持できるだけのチャート分析力を習得していただき、バイナリーで稼ぎまくっている方も多くいらっしゃいます。

しかし絶大な力をもつイギリスのFCAがバイナリーを違法としたこと、取引所が軒並み撤退もしくは廃業をしている中、当サイトも情報発信を続けることは不可能と考えました。

非常に残念な結果となりましたが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

現在私も含めて多くのメンバーはFXへ移行しています。FXは難しいしややこしいし勝てないよ、と最初から諦めている方や、これまでFXで嫌な思いをされた方には強要することはできませんが、BB式FX専用ロジックで実際に勝てるようになる方法はありますし、実際に養成塾生は1日に安定的に20から30pipsを抜く技術を習得されています。

FXで勝ちたい方、チャートリーディング、ファンダメンタル分析の基本を学びたい方は是非ともメルマガ登録してください。メルマガより詳細をお送りいたします。

※注意事項:メルマガ登録の際はフルネームでお願いします。ふざけたハンドルネーム、アルファベット一文字、無記名などはもれなく除外対象となります。ご了承ください。今年より本格的にFXの情報を配信する側としては【本気で向き合おう】という姿勢を持っている方のみを対象に有益な情報発信をしております。中途半端な気持ちで適当にメルマガ登録される方はご遠慮ください。また、真剣に向き合ったとしても勝てるかどうかわからない厳しい世界です。覚悟のほどを知るという意味で、メルマガ登録は本名にてお願いいたします。どうぞご理解のほどよろしくお願いいたします。

読むだけで勝率55~60%を出せるだけのノウハウを全部詰め込んで、なんと無料で配布することにしました。

レポートは2部構成で70ページ以上のボリュームです。是非アナタのトレードに役立ててください。

 

無料メルマガ登録を頂ければ無料レポ以外にも、無料特別動画を7本

 

「初心者が知るべき7つの心得」を受け取ることができます。

 

詳細はメルマガ登録から最初のメールをご覧ください。

RELATED POST