FX

FXで稼げるチャートの読み方とは?「BB式ライントレード法」の適応方法

こんにちは、BuzzerBeaterです

当サイトはバイナリーオプションに特化したサイトですが、FXでも稼げるチャート分析法を提唱しています。

もともと、「BB式ライントレード法」はロウソク足をベースに、チャートリーディングの基本、いわゆる「チャートの読み方」をお伝えしています。

ライン分析による為替相場を分析する方法、トレーダー心理をチャートから読み取り、徹底した資金管理とメンタル管理をしながら、バイナリーオプションで複利を意識しながら、口座の資金を増やしていくことに特化し、200名以上の購入者が毎月20万円、30万円、なかには100万円単位で結果を出し続けている方もいらっしゃいます。

今回はFXで稼げる「BB式ライントレード法」のキモの部分を少しだけご紹介しながら、確固たるロジックとは何か、ギャンブルマインドとは?という疑問にお答えしたいと思います。

この記事で学べること

  • BB式ライントレード法はFXでも使える究極の裁量ロジック
  • BB式ライントレード法をFXに適応する方法
  • 確固たるロジックをもってすればFXは怖くない
  • ギャンブルマインドはトレーダー自身の知性と知識の無さ

FXでもライン分析は基本です。BB式ライントレード法は究極の裁量ロジック

FXトレーダーのマインドはどうなっているのか?チャートの読み方を学べば学ぶほど、トレーダー心理というものを理解したくなるものです。

バイナリーオプションだけではなくFXで勝ち続けるために必要な「情報」とは、トレーダーがどの値を意識しているのか、そしてその値「付近」でどのような行動をおこすのか、ということです。

キリバンや心理的節目、世界中がコンセンサスで決めた高値安値という値、その日の経済指標や重要人物の発言の影響など、テクニカルな面からファンダメンタルまで幅広い視野をもって「相場を読む」技術は必要です。

BB式ライントレード法は「ライン分析」だけではなく、多角的にチャートを見ること、相場を見る視点を養う事で、1日に幾度となく訪れるチャンスを無駄にせず、エントリーポイントにかえていきます。

FXでもライン分析は基本とあるべきで、BB式ライントレード法はまさにその分析法の究極といっても過言ではありません。

では、今日行ったトレードを振り返りながら解説していきます。

BB式ライントレード法をFXに適応する方法

バイナリーオプションとFXの違いを考察しながら、BB式ライントレード法を如何にFXに適応させるのか紐解いていきましょう。

まずは、FXの取引方法を理解した上でライントレード法をいかに「はめこむ」かを勧化ていきます

FXは入り口だけではなく「出口設定」が必要

バイナリーオプションの基本として、取引そのものを15分以内で終わらなければなりません。取引所によっては1時間取引や1日取引のモードもありますが、基本は2分以上から15分以内です。

※当サイトは超短期取引の30秒から1分取引は推奨していません。勝率が異常に悪く、ロングランで考えるとマイナスになる可能性の方が高いからです。

FXとバイナリーオプションの大きな違いは「取引時間」です。バイナリーオプションは時間に縛りがありますが、FXは出口のタイミングは時間ではなく「値」です。

ですから、エントリーをしてからの「出口設定」がFXのキモでもあり、難しいところでもあります。

FXではロスカットと利益確定ポイントを自身の判断で決めることがバイナリーオプションとは本質的に違うところです。

バイナリーオプションは「設定した取引時間内に1pipでも狙った方向へ動けば勝つ」という非常にシンプルな取引ですが、FXとは違い「取引時間」の設定が勝利のカギとなります。

反発のポイントを分析できれば、あとはトレンドに乗るだけ

今日のトレードをベースにお話をすすめます。

このチャートはいつも観察している18通貨ペアですが、今回はわかりやすいドル円で取引しました。

XMTRADINGでショートを30枚入れていますが、入ってから20分程で決済しました。プラス17万円ほどの利益確定。バイナリーオプションでは20分という取引はできないので、FXならではありますね。

※XMTRADINGはレバレッジがすごいので少ない証拠金に対して相当な枚数を買えるので、取り扱いには非常に注意してくださいね。証拠金維持率は気にしながら、強制執行などされにようにしてください。

ロジックとしては逆張りで緑色に囲った「ゾーン」に入ったときにそろそろここは下落するだろうというチャート分析は朝の段階で終わっているので(分析の際にこの緑の枠はMT4記しました)あとはここにロウソク足が来た時点でロウソク足の動き、プライスアクションを見ながらのトレードとなります。

朝の段階で「今日は東京市場の動きを注視しながら、慎重にトレードする」と決めていたので、9時以降日経の動きと照らし合わせて、ドル円が円安へ振れた時点で、自分の目標としていた「ゾーン」までくれば底を節目に下落を狙う・ショートで入る、と決めていました。

上のチャートはドル円の1時間足です。ご覧の通り狙いは緑のゾーンからのショート。で、狙いは前日の高値までとして、短期的なトレードというプランでした。

ゾーンに入ってからいったん連続陰線を作り、20分程もみ合いながら、上値が重たいという判断ができたので(プライスアクション&パワーバランス法も加味されてます)更に下げに転じるとよんだ上で、自信の30枚ショート。

20分後には決済していますが、そのままホールドでも良いかも、と思うようなポイントでもあります。現在は前日高値の110.187の上にいますが、この節目を割れば下に早いだろうという読みもありますので、ここから今朝の始値あたりまでは利益を伸ばすこともできたかなと。

このトレードは成功でしたが、ロスカットのポイントは矢印が付いている足の髭先、となりますね。

スキャルピング、デイトレ、スイング、どんなトレードスタイルでもBB式ライントレード法というチャート分析の基本を学べば、これくらいの分析トレードは可能です

追記:その後のドル円はこうなった

利確をしてから更に前日高値を割ったところからショートを30枚エントリー(赤いThumbsUp)

3時間半後、15時前に利確し10万強、利益をのせました。このままホールドしていても良かったんですが、欧州開場から更に下げるのか様子を見たかったので一旦切りました。日経の値幅も寄り付きから縮小しましたし、欧州から米国にかけて雰囲気がかわるかもしれないというリスクもあるので手じまいです。

狙いとしては、高値を試す動きからの反発狙いという非常にシンプルなプランですので、難しい理屈でトレードはしていません。

もちろん、この見立てを確立するには、ただラインを引いて、そのラインに対して反発したからエントリーして勝てたんですよ、という安易なものではないことはハッキリお伝えしておきます。

絶対的な知識と経験に基づく相場観があってこそ成功したトレードです。

BB式ライントレード法を学べば分析が得意になります

上記のようなチャート分析は大変シンプルな考え方をベースにしております。何故ここでエントリーできたのか、という「根拠」の一部を披露しましたが、実はこの結論に至るまでには、確認事項が大量にあります。

ここでは一部しかお話していませんが、ライントレード法の片りんを感じていただけたのではないでしょうか?

無料レポート第一弾では今回のトレードで使った「王道1」テクニックや、前日高値安値の役割、そしてメンタル管理についてなどお話をしていますので、是非とも手にとってみてください。

確固たるロジックがあればFXは怖くない

私はバイナリーオプションで稼ぐために必要な「チャートを読む力」を習得する際に、トレーダーの心理を理解する方法をとことん考えました。

チャートをみながら、いまトレーダー達は何を見て、何をどう考え、次の行動を移そうしているのか、という視点で長時間チャートの前に座って睨めっこしたものです。

BB式ライントレード法という確固たるロジックを構築し結果を出すことができて、そして皆さんにこのロジックをお届けするまでは、私も負け倒しました。バイナリーオプションってこんなに難しいのか、というほど痛い目にもあいました。FXでも失敗の連続でした。

ですから、バイナリーオプションで稼ぐために必要なのは、丁寧にロウソク足を読んで、チャートを読む力をみにつけること、これさえやれば一生チャートを読むのには困らない、と断言できるだけの「地力」が身につけることだと思います。

確固たるロジックがあれば、自信をもって相場と向き合うことができて、FXもバイナリーオプションも怖い存在ではなくなります!

ギャンブルマインドにするのはトレーダー自身の心構え

バイナリーオプションはトレードの形が非常にシンプルゆえに、博打的要素が高いともいわれていますが、私からしたら、株式市場、為替市場、バイナリーオプション、すべて同じだと思います。

博打にするのは人のマインドであり「相場」ではありません。ここだけははき違えてはいけない事ですし、投資行為を愚弄することは言いたくありませんししたくもありません。

繰り返しになりますが投資をギャンブルにするのは、人の知性と知識の無さ、と規律を重んじないギャンブルマインドを持っている人達です。

マインドの話はメンタルや資金管理という非常にセンシティブかつ、トレードにおいて本質的なお話ですので、BB式ライントレード法では教材の大部分を割いて、このお話に深く言及しています。

まとめ

FXでもバイナリーオプションでも適応する「BB式ライントレード法」についてと、実践を交えた分析法のお話をしました。いかがでしたでしょうか?

私の今を支えてくれている「BB式ライントレード法」という裁量・裁量ロジックは単なる分析、チャートの読み方だけではなく、トレードに必要な資金管理やメンタル管理について、トレード回避方法や十人十色のトレード耐性について、幅広い視野で言及をしています。

一つのロジックや手法で、年間を通じてバイナリーオプションだけでなくFXでも結果を出すことができれば、ポートフォリオが増え、選択肢を広くもつことができますよね。

先物や株式市場、仮想通貨の市場でもロウソク足がある商品であれば、なんでもトレード可能です。いい時代になりましたね、パソコン一台あれば簡単にトレードができる環境が整っています。

是非ともBB式ライントレード法を学んで、バイナリーオプションだけでなくFXという素晴らしく魅力のある世界にもチャレンジしてみましょう!

お勧めの業者

国内:
GMOクリック証券

YJFX!by Yahoo!Japan

海外:
XMTrading

※どの業者も私が利用しているところですが、アフィリエイトではありませんのでご安心ください。

※XMTradingは最高レバレッジが888倍という「異常値」で、資金管理を損なうと一瞬にして資金を失うことになりかねませんので、必ず「証拠金維持率」をご自身で確認をしながら総資金に対して最適の枚数をトレードすることを徹底してください。

※当然のことながら投資は自己責任ですので、当サイトは取引による個人の損失などの補填などは一切いたしませんのでご了承ください。

 

読むだけで勝率55~60%を出せるだけのノウハウを全部詰め込んで、なんと無料で配布することにしました。

レポートは2部構成で70ページ以上のボリュームです。是非アナタのトレードに役立ててください。

 

無料メルマガ登録を頂ければ無料レポ以外にも、無料特別動画を7本

 

「初心者が知るべき7つの心得」を受け取ることができます。

 

詳細はメルマガ登録から最初のメールをご覧ください。

RELATED POST