未分類

仮想通貨の将来と取引について:BB的考察その1

こんにちは、BuzzerBeaterです

多分連載するとおもうので、今日は「その1」をお届けします。

昨今、話題にあがることの多い「仮想通貨=暗号通貨」ですが、正式名称はCryptocurrencyですので暗号通貨です。日本で最初に報道されたときに「仮想通貨」という表記で訳されたことで定着したと言われています。

仮想通貨の今後について、そしてざっと2018年の展望を独断と偏見でかいてみようとおもいます。

私が注目する銘柄や今後期待するプロジェクトなど、ある程度の「ポジショントーク」になることもありますが、投資は自己責任ですので、一切の責任は持ちません。仮に「このアルトコインおもしろいかも」と書いて暴騰すれば皆さんハッピー。逆に暴落すれば「詐欺師」扱いされる世の中ですので(笑)

改めてお伝えしておきます。

2018年はどうなるのか?

2017年の盛り上がり、BTCが20倍、ETHも15倍などなど、どの通貨をを買ってもほぼ全て何倍にもなった年。仮想通貨バブルだ!と資金が流入しました。60兆円ほどの時価総額もいまや700兆円以上と急成長を遂げています。

今年中にビットコインは30000ドル(340万円ほど?)には到達するとおもいますし、アルトコインもそれぞれに上げていくのでは無いかと思います。

注目すべきは時価総額上位30位くらいの銘柄が安定してあげていくことだけでなく、草コインといわれるものがどれだけのパフォーマンスをするか、でしょう。中には50倍、100倍の利益を生むものもでてくるわけで、そういった大化け銘柄を狙うのもおもしろいかもしれません。

これについては仮想通貨.netのほうでぼちぼち話をしていますので、興味のある方はどうぞ

http://kasotsuka.net/

技術が進化しBTCの送金処理が速くなる予定のLN=Lightning Networkの導入によりBTCが再評価されることになるでしょう。BCH(ビットコインキャッシュ)はまさにBTCのブロックサイズ(1MBしかない)を拡大し処理スピードを大幅に上げることに成功しています。他のアルトコインもブロックチェーンテクノロジーを用いて、BTCの比較したときに処理速度と手数料の安さを売りにしているところが多い。マイニングについてはちょっとややこしいので、これもまた上記のサイトでしっかりお伝えしていきます。ここでは触れません。

BTCが3万ドル。そのほかのコインも成長を遂げると同時に、淘汰されるコインも出てくるでしょう。

草コインの行く末は

草コインといわれる時価総額の低い銘柄はいまざっと1000種類くらいあると言われていますが、得体の知れないファンダメンタルズも何もない詐欺まがいのものから、しっかりとしたコンセプトをベースに構築され今後社会に貢献するツールとなるものと有望されるものまで多岐にわたります。

ICO=Initial Coin Offering、株で言うIPOですね、これが大変盛んです。大化け銘柄を探し求めて海外サイトをリサーチすることに余念の無いトレーダー達がたくさん増えていて、 Twitterで情報が無数にでています。期待感とは裏腹に通貨そのものの信頼性や技術的な根拠、メリットなどをどう判断するか、非常に難しいと言えます。

私は基本的にとてもドライに考えています。

草コインは投資では無く投機対象として考えます。

プロジェクトが実際に進んでいないものなど普通にあり、夢を語る割にたいしたことをしていない、動いていないなんてざらです。仕手筋が山ほどいて、LINEグループに誘い込んで買いあおりをして、買わせておいて価格をつり上げた後、売り抜けて逃げるなんて話はこれからも増えることでしょう。要注意です。

関連記事:注意喚起の記事をご覧ください。

ご自身で判断して、化ける銘柄を探し当てて1万円でも5万円でも草コイン投資するのもおもしろいとおもいます。価格の乱高下は頻繁におきますが一喜一憂せず、二ヶ月後、三ヶ月後にどうなっているのか?なんて感じでプランを立ててみてはいかがでしょうか?

私は既に3つほどのコインに注目し資金を入れています。参考までにお伝えしておきます

注目銘柄:XPIXTDBCSALTSNM

あくまでも完全な投機対象です。XPとIXTはコミュニティがありかなりの盛り上がりを見せていることもあり将来はあるかも?しれません。1万円でも買っておいて何か起きればうれしいぁくらいに考えています。ちなみに私の友人は一ヶ月前にすでに上記銘柄を購入し含み益が20倍になっています(笑)毎日一喜一憂しすぎて疲れるようですが、夢のある話です。

投機か投資か

ご自身がどういうスタンスで投資を捉えているかによって全く話がかわってくるようにおもいます。株式を買うのは会社を応援することや、優待をもらうなど理由があります。勿論年に数%でもあがればいうことありません。

仮想通貨の世界はまだまだ未成熟です。ビットコイン以外の時価総額上位10位以内にはいっているものでも、これ大丈夫だろうか、と思うモノもあります。例に挙げるとXRP(リップル)は異常過熱していることもありますが、そもそもブロックチェーンテクノロジーでもないのに、という根源的な問題がある。もっとも、ブロックチェーンでなくても仮想通貨として存在することは可能である証明にもなりました。でも、そもそもなんですよね。

サトシナカモトの掲げた非中央集権的機関=decentralized entityが、お金の概念を変える。という大きな大きな目標と理念をもとに生まれたビットコイン。しかし、結局リップルは「会社」が存在し、優秀な送金システムを作ったとは言え、おいおい、ちょっと違うだろ?とビットコイン信者とリップル派とのバトルが日々展開しています。サトシが考えたことと180度異なるものが受け入れられていることに、やはろ「仮想」よりも「実際に存在する」会社であったり、機関を信じてしまう古い体質の投資家が多いんだなということが証明されています。

リップルは優秀でしょう。早く安い送金システムとして日本だけでなく世界中の金融機関が導入をしています。私はXRPという通貨は投機対象として買いますし、今後草コイン同様の扱いをしますが、リップルそのものを評価するかどうかは微妙です。最終的にはビットコインに資産の大部分を投入するつもりです。

投資か投機か。この問題はご自身が判断するにおいて、この銘柄は長期で投資する、この銘柄は短期で投機的に扱うということを明確にすべきだとおもいます。

ちょっと余談:銀行さんについて

BTCが年末に200万台に突入したときは、多くの新規参戦者たちが入ってきたこともあり一気に話題になりましたね。銀行関係者や重鎮などは「ビットコインは詐欺だ」「いずれ10分の1になる」など訳のわかないロジックでこき下ろす人達もいました(いまもそんな阿呆がいます)

こういう夢の無い人達は、乗り遅れた事への嫉妬や中央集権的旧態依然として発想から脱却出来ず、着ぶくれしすぎて収集のつかない金融機関にどっぷり浸かりすぎて、銀行こそ、証券会社こそがナンバーワンという妄想の中に生きています。私の中ではこのたぐいの人達が扱う「法定通貨」こそ「妄想通貨」ではないかと思います。

1年前に1BTC=10万円台がいまや180万円台(今日付で)で取引されているということは、BTCが18倍の価値を持っていることになりますが、円が暴落したという捉えかたが何故できんのだろうか、とおもいますね。

金融おじさんたちには危機感がないのか、よくわかりませんがいずれにせよ仮想通貨に資金がどんどん集まっていくことは間違いないでしょう。

銀行なんて最初から信用するだけ阿呆だと思ったほうがよいかと(笑)私は10年以上前からdis利倒していますし、銀行が常にユーザーから搾取し続ける機関であることを常々いってきました。

メルマガ登録&LINE@読者価格・お正月キャンペーンの詳細

メルマガ登録&LINE@読者の方々へのお正月キャンペーンは1月14日(日)までとなっております。詳細はメルマガ登録をお願いします。残り枠は【4名様】のみです。

また2018年1月の新規会員様募集枠は残り【14名様】となっておりますので、宜しくお願いします

ビットコイン(仮想通貨)決済可能になりました!

ビットコイン決済を承ります。詳細は以下の記事を確認してくださいね。

https://binaryoptionchannnel.info/kasotsuka/

教材のご案内

「BB式ライントレード」手法の詳細はこちら

「新BB式」平均足+ローソク足手法の詳細はこちら

「BB式MA手法」ロウソク足+移動平均線の詳細はこちら

ご質問・ご相談などのお問い合わせはこちらよりどうぞ

無料メルマガへの登録をお願いします

2018年1月より、メルマガのタイトルを変更しております。

BuzzerBeaterの「バイナリーオプション&仮想通貨と真剣に向き合うメルマガ」 

となりました。どうぞよろしくお願いいたします。

無料メルマガに登録をして頂いた方には、もれなく特典として

BBによる限定動画を6本プレゼント致します。

また、メルマガ登録者の皆さんには、期間限定で

当サイトにて販売中の教材を特別価格でご提供致します!

是非この機会に登録してくださいね。

無料メルマガ登録はこちら

公式LINE@の登録はこちらです

登録はURLを押して下さい⇒ https://line.me/R/ti/p/%40pjs5994a

ID検索の場合は、@pjs5994aと、LINEID検索して下さい

読むだけで勝率55~60%を出せるだけのノウハウを全部詰め込んで、なんと無料で配布することにしました。

レポートは2部構成で70ページ以上のボリュームです。是非アナタのトレードに役立ててください。

 

無料メルマガ登録を頂ければ無料レポ以外にも、無料特別動画を7本

 

「初心者が知るべき7つの心得」を受け取ることができます。

 

詳細はメルマガ登録から最初のメールをご覧ください。

RELATED POST