コラム

【コラム】皆さん焦っちゃダメです。結果を直ぐに求めると死亡します。勝つために必要なことや考え方とは?

こんにちは、BuzzerBeaterです

時価総額が世界一になっちゃったアマゾン。

ウチの買い物はほとんどアマゾンで済ませちゃいます。

注文して早いときはその日の夜に配送されるという、

10年前では考えられないことが実現しています。

どこの配送系のお店もアマゾンに負けないように必死。

配送業者は大変ですよね。お察しします。

ミニカーひとつだけ、とか買うなどしないように、

ある程度カートに貯まったら注文するように注意しています。

この注文⇒即配送というシステムは素晴らしいのですが、

世の中なんでも「直ぐに結果」を求める傾向がありませんか?

ネット社会が成熟していく中で、SNSも直ぐにリプライする、

メールも即返信が日常茶飯事ですよね。

で、問題は投資でも同じように「直ぐに結果」を欲しがること

たしかにバイナリーは投資の中でも数分で結果が出るのが魅力でもありますが、

エントリーポジションが悪ければ爆死ですよね。

あっという間に資金が溶けてしまいます。

結果を直ぐに求めようとするばかりに、ポジポジ病に陥る人は少なくありません。

とにかく、エントリーしないと気が済まない人、

チャートを開けば直ぐにエントリーポイントを探して

しっかりと分析する前にエイヤーで入ってしまう。

こういう病的な人は大概、アマゾン的な結果を

どんなことにも求めているタイプの人でしょう。

質の低いエントリー、勝てる確率が低いポジションを持つほど残念な事はありません。

質が引くことに気づいているのかいないのか解らないような

無駄なエントリーしていませんか?

速く勝ちたい、直ぐに沢山稼ぎたい、という人ほど焦り負ける。

負けると焦る、焦ると負け続けるという負の連鎖に陥ります。

勝つために何をすべきか、まずは「何故負けるのか」という

マインドについてお話しします

負ける人の典型的なマインド

焦る人は負けます。これは間違いないですね。

自戒の意味も込めてお伝えしていますが、私自身もかなりのせっかち人間です。

私とやり取りされている会員様なら経験されているとおもいますが、

メールの返信は鬼速いのですが、サクッとやってしまわないと気が済まないんですね。

バイナリーをはじめた最初の頃はポジポジ病。

結果が欲しいからどんどんトレードする。結局数多く打ってしまい、勝率を下げてしまう。

統計学的に証明されていることなので、当たり前の事なんですよね。

やればやるほど勝率が下がるということに気づきました。

数打てば打つほどパーセンテージが下がるんですよ。

じゃ、どうすれば数字があがるのか?

チャートの本質を学んで徹底的に分析し

エントリーポイントを絞り込んで、

より確率の高いところでエントリーをするしかない。

ポジションを持つ前に嫌と言うほど、

しつこく分析し倒すしかなかったのです。

他にも、負ける人の典型的な傾向は以下です

  • 凝り固まってる人
  • 視野の狭い人
  • 柔軟では無い人
  • ポジポジ病を発病している人
  • 直ぐ熱くなる人
  • 結果が出ないと人のせいにする人
  • 集中力の無い人
  • 時間の無い人
  • 癇癪を起こす人
  • 感情をコントロールできない人
  • 資金管理ができない人
  • ギャンブルマインドな人
  • 自身の欲の度合いを理解していない人

これまでもコラム記事などでお伝えしたこともありますが、

やはりネガティブなファクターがここぞという時に露呈してしまう人が

負け組に陥りやすいと考えます。問題を直視して解消できる技術があれば良いのですが、

そう易々と解消できるものではありませんよね。

勝っている人のマインド

勝者のマインドの在り方について少しお話しします。

上記の負けている人達の傾向の真逆をいけば勝っている人のマインドになりますが、

更に付け加えるとすれば

  • 常に目標を高くしながらも、夢を見すぎない
  • 現実を直視できている
  • 冷静沈着、感情的にならない
  • チャート観察を怠らず、常に緊張感をもって相場を向き合っている
  • ポジションを持つことに拘りすぎない
  • 質の高いエントリーに拘るが故、
    1日にエントリーしない日があっても焦ることはない
  • 結果を週単位・月単位・年単位で考えられる
  • 結果が伴わない事を人や何か別のファクターの責任にせず
    自身の分析力の無さや判断力をまず最初に疑う
  • 欲は良い事だが欲の度合いを把握している(アンダーコントロール)
  • 自身を過信せず常に冷静に自己評価している

他にも色々あるのですが、ざっくりこんなところでしょう。

ロジックやテクニックがあるというトレードにおける技術的な事は

省いてお話しをしています。確固たるロジックを持っているのは

ある意味当然のことですからね。

どのファクターを見ても一つの概念で括れるとおもうのは、

自己評価と自今分析がきちんとできている

ということではないでしょうか?

「己を知る」というのは大変難しい事だとおもいます。

精神論の話ではなく、具体的なことです。

自分自身の投資に対する適正や、お金に対する価値観や貪欲さ、

自身の性格、これまでの人生経験など踏まえて

自分がどういう人間であるかを把握されている方が

勝ち組に仲間入りできるスピードが比較的速いのと思います。

トレードロジックに迷走されている方々、

まずはロジックを探すのではなく、

自分のことを学んでから投資と向き合う

というのもひとつだとおもいますよ。

その後に確固たるロジックトの出会いがあり、

更にアナタのメンタルトレーニングを手伝ってくれる師匠を探しましょう。

メンタルトレーニングを甘く見るといけません。

結局、優秀な技術をもってしても、その技術をフル活用し

最高のパフォーマンスを引き出すのはご自身の精神力や

自己管理能力ですからね。

能力を引き出すためにも、焦らず急がず、丁寧に淡々と

同じ作業をやり続けたモノが勝利の美酒を味わうのです。

トレードの面白さは良いロジックがあり、分析が本質的で

エントリーテクニックが磨かれてこそ勝ち続ける事ができるのです。

焦ることなく時間を掛けて楽しみながらトレードを学びましょう

バイナリーオプションに聖杯はない! 勉強してなんぼだ!ラクをしようとするな! こんにちは、BuzzerBeaterです 今回の記事は私自身が日々問い合わせを頂戴する中で感じたことを素直にお伝えしたいと...

チャート分析力を上げるための勉強法とは

BB式ライントレード法を学ぶ事で、チャートの本質を掴むことが出来ます。ロウソク足の読み方から、チャート分析、エントリーテクニックまでバイナリーにおける「本質」を技術論から精神論まで幅広くカバーします。

まずは無料メルマガ登録をして頂いて、無料レポートと限定動画をご覧くださいませ。レポートを読んで頂き限定動画と

サイトにある500本の無料動画を視聴していただければヒントや答えは山ほど見つかると思います。これだけでも勝率55%は出せるでしょう。少し知恵を絞ってロウソク足が読めるようになれば勝率60%も難しくはありませんよ。

損益分岐点を考えると十分すぎる数字です。

ここから1%でも勝率を上げるには、確固たるロジックと方向性、メンタル管理法と資金管理法を身につけて、アナタ自身が自助努力をすることです。

ご縁がありましたらサポートさせて頂きますよ。

強力な裁量アシストツール:BOプロフィティア

私はサイト立ち上げ当初から、インジケーターツール、シグナルツールの枠にはいるものを完全否定、一貫してアナログな「裁量トレード法」を推進してきました。

しかしながら、私の提唱するライントレード法のロジックを、ある非常に優秀なエンジニアが購入・実践してくださったのですが、その方が

「BBさん、このロジック数値化しましょう」といってくださいました。彼の力でBOプロフィティアのプロトタイプが誕生しました。そこからはとんとん拍子で製品化まで一気にすすみ、皆様の元へお届けできるに至りました。私は強力な開発メンバーの熱意と努力に心打たれてしまいました。

BOプロフィティアは、当サイトが誇る「最強の裁量アシストツール」なのです。

まずはこちらをご一読くださいませ。

業界初・究極の裁量アシストツール・BOプロフィティアの詳細 BOプロフィティア 緊急販売! 皆様のご要望にお応え致します! 本数に限りがあり、TYPE-SとTYPE-A の...

無料メルマガへの登録はこちら

無料メルマガに登録をして頂いた方には、もれなく特典として

・無料レポート第一弾
・限定動画を7本
・初心者の知るべき7つの心得

をプレゼント致します。

また、メルマガ登録者の皆さんには、期間限定で
当サイトにて販売中の教材を特別価格でご提供致します!
是非この機会に登録してくださいね。

LINEの友達登録をする

最新の情報を得たい方はメルマガ登録とLINE友達登録してくださいね
友だち追加

読むだけで勝率55~60%を出せるだけのノウハウを全部詰め込んで、なんと無料で配布することにしました。

レポートは2部構成で70ページ以上のボリュームです。是非アナタのトレードに役立ててください。

 

無料メルマガ登録を頂ければ無料レポ以外にも、無料特別動画を7本

 

「初心者が知るべき7つの心得」を受け取ることができます。

 

詳細はメルマガ登録から最初のメールをご覧ください。

RELATED POST