コラム

バイナリーやFXの詐欺にあう人は投資の本質を理解していないのか?2019年最新情報

こんにちは、BBです。

今日はこんな記事を目にしました。

一言で済む話なんですが、ざっと目を通してください。

“USB1本”を49万円で買った大学生の後悔
~20歳以上の大学生が狙われるワケ~
記事はこちら

要するに「20歳の大学生が49万する投資系教材が入ったUSBを買わされ借金地獄にはまった件」です。

で、今回私がいいたいことは

投資の不勉強だけでなく、20歳にもなって判断力がないこと、すべてにおいて「甘すぎること」、お人よしも過ぎること、モノを知らなさすぎるという幼児性など突っ込みどころ満載なお話を(この記事を書いている人も含めて)させていただきます。

ツール詐欺にあう人はモノを知らなすぎる

この20歳の被害者君はいわゆる「情報弱者=情弱」枠の中にいる人ですよね。そして、典型的なカモとなるわけです。彼の問題は複数あります

  • 人が良すぎる
  • 判断力がない
  • 自分の意思がない
  • 投資を知らなすぎる
  • 嫌なら嫌だとはっきり言えない気の弱さ
  • とにかく「甘い」

はっきり申し上げます。この子は「本質的に」弱い人間の典型で、これからもまた詐欺に引っかかる可能性が高い部類の人間ですね。

モノを知らない=無知であることは勉強不足でしかなく、非常に残念な結果を生みます。実際に被害にあっている時点で、なぜ止めることができなかったのか。色々憶測してしまいますが、結果的に彼の判断は「金を借りてまで買う」でした。

それは、もしかしたら、なんとかしたら勝てるかもしれない、という「お金に対する漠然とした不安」が原動力になっているのでは、と邪推ですが感じました。投資という甘い言葉、儲かるよ、なんて耳でささやかれて、私も僕も稼いでますからこれで、なんて言われたら49万だろうが下手したら490万でもなんとかしたかもしれません。

被害額がある意味たったの49万でよかったね、と私はその子に言いたいです。もちろん、その後、大した勉強もせずそのUSBの中身を信じて先物投資なんてやったもんなら、200万、300万なんてあっという間に溶けてしまったんでしょう。ここまでくると、この子は「アホ」としか言いようがありません。かばいようがないですよ。

厳しい言い方になりますが、投資は自己責任。20歳過ぎればすべて自己判断でことを遂行していかねばなりません。投資行為そのものも全て、迷いなくビシバシと結論をだしていく世界です。

なので、この20歳の甘さ、すべてにおいて「甘ちゃんが過ぎる」行為は、「あほやなぁ、ねずみ講もしらんのか?」とせせら笑って終了というお話なんですよ。

お金の不安は20歳前半だけじゃない

この記事の著者が言っている

「20代前半の独身男性は不安を抱えている」という言葉に大方間違いではないですが、不安というのは20代男性だけではないはずです。

姿形を変えて30代、40代、50代もそれぞれに不安は付きまとっている。

では、その不安を解消するだけのことをこの20歳はしたのか?と私は問いたいのです。

ここが大事。

勉強したのか?投資という恐ろしい世界のことをイチから学ぼうとしたのか?

その教材の中身を確認してどういうものだったのかを知った時点で、詐欺かどうかも判断できなかったのか?

モノを知らなすぎるというのは危険でしかなく、YouTubeなどで詐欺行為を働いている連中などを見ていると、20歳の男子のようにカモになる対象は星の数ほどいるんだなと思いました。

不安を解消したいのなら、恐ろしいほど勉強しろよ、と私は言いたい。

ただそれだけなんですよ、結局。USBをいくらで買おうが関係なくて、判断力も知恵もないから「ものに頼る」「ツールに頼る」という安易な方法で稼ごうなんて甘い考えに至る時点で、終了なんだとおもいます。騙されて当然じゃないか、とおもうのです。

親なら子供にお金の大切さと投資の怖さを教えるべき

日本は投資教育のレベルが世界でも下から数えたほうが早いというくらい低いことが、ここにきて露呈しています。投資は自己責任なんて言葉が横行していても、本当に分かってつかってますか?って話です。

自己責任で済まされないほど衝撃的に致命傷を受けた20歳男子は、債務を母ちゃんに払ってもらって、今は自宅療養中ということですが、私からしたらこの親にしてこの子だなと思いましたね。

甘すぎる、すべてにおいて。親である以上成人するまでに子供に教えるべき事たくさんありませんか?

ちゃんと教えろよ、投資を。

金のむつかしさ、恐ろしさを教えろよ。

そして何よりも「お人よし」をやめさせて

人は人を平気でダマすものだ、という現実を直視させ

厳しい世の中を生きにく力と知恵を教えろよ。

ただ黙って債務を払って自宅でぬくぬくとさせるだけが親の務めじゃない。ましてや成人している大人だろ?

まずやるべきことは、B君を引っ張り出す。紹介した詐欺師どもと対峙する。証拠をすべてできる限り集めて、少なくとも49万円は取り戻すぞというくらいの気概をもって戦うべきだろ、と私なら思うのですが。

ま、ひとそれぞれ問題解決方法は違うとおもうのですが、相談センターとか警察にかけこんだとしてもこの程度の額で力になってくれることはまずないですし、お金は一銭ももどってこないでしょう。だから泣き寝入りが多いというのであれば、なおさら、この経験をどう反省し、今後に活かしていくのかという方向で考えたら、自宅療養はないだろと思うのは私だけでしょうか。

もう投資は懲りたし、正直よくわからないから、なんていう甘いことを言い続ければいずれ将来、別の大きな案件で(投資話でなかったとしても)しっかり騙されるのがオチです。その時は49万じゃすまされないとおもいますよ。

この20歳の男子には「本質的」に生きる力が弱い。この親にしてこの子、と言い放ったのは甘すぎる認識、お金にしても人に対しても甘すぎるからこういう結果を生む、ということです。

そして親子ともども勉強不足の極み。世の中知らなさすぎ。頭弱すぎるやろ、と思います。なので、何度も言いますが「騙されて当然」の部類に入ってしまう人間なのです。

被害を受けた後、どうするかがその人の真骨頂

私もお恥ずかしい話ですが、ひどい詐欺に遭った経験があります。家族同然の付き合いがあった人間に3年以上騙されていたことに気づかず、ふたを開けてみたら、、、というそれはもう目も当てられないほど無様な話でした。被害は億単位です。

私はこの件で、警察に訴えを起こし6年越しでこの人物を逮捕まで追い込みました。昨年起訴され、そして今年に入ってから実刑が確定しました。生々しいお話で恐縮ですが、私は「情弱」ではないにせよ、「人を信じてしまう」という一番恐ろしいことを何も考えずにしていたのです。

私はこの経験から、人を見る目を養おうと日々努力しています。人間は本質的に悪いものだ、なんて言いたくはありませんが、人間不信になったのも事実ですし、人間関係の見直しから職種の変更など様々なことがあって今に至ります。

人は平気で人をだます。

本当に残念な事ですが、これが現実です。それを踏まえて常に警戒心を持った上で、人と接するべきだと思います。

当サイトにも投資案件や詐欺に遭いましたなど、相談に来る方の多くはすでに被害に遭われている方ばかりで、皆さんそれぞれにひどい思いをされています。被害者であることを認め、そして自分の愚かさにも気づき、裁量を学ばない限り投資で成功することはないと確信をされ私へ問い合わせをしてくださいます。

詐欺被害に遭うという経験を反省するだけにとどまらず、怖気ずくことなく、その経験を糧にし力にして、前進あるのみで必死に勉強され、成果を上げている方もたくさんいらっしゃいます。

しかし、中には志半ばで諦めてしまい、もしくは致命的なエラーを犯し余儀なく退場をされた方もいらっしゃいますし、皆さんそれぞれです。

知恵や力にできる人もいれば、そうではない人もいる。その差は一体なんでしょうか。

どんなことでも、何か新しい情報を耳にしたときの捉え方、受け止め方で大きく差が出ると考えます。詳しく言えば、対峙したときの緊張感とその情報の真意を見定める厳しさがあるかどうかだと思うのです。

過去を振り返り、プラスエネルギーに変える方法を構築できる方は「強い」ですし、どんな世界でも結果をだすと思いますよ。失敗から学べとよく言われますが、間違いはありませんね。

人の言葉を鵜呑みにしない事です

何かを言われて「あぁそうなんだぁ」と鵜呑みにする人はたいてい投資でもなんでも、失敗することが比較的多いと考えます。カモ集団の先頭にいるといっても過言ではありません。

「ふ~ん、そうなのかなぁ」と最初から疑ってかかる人は、言われたことをすぐに取り入れずにまず保留にして、その言葉の真意、事実関係などの確認などを自分の判断で行います。

調べる方法はいくらでもありますよね。事柄にもよりますが、手放しに信じることはせず、まずは「いったん持ち帰ります」くらいの気持ちで受け止めておいて、精査する時間を持つのです。これくらいの距離感や警戒心がなければ、世の中渡りあることはできませんし、傷ついて失敗ばかりしておわってしまうでしょう。

「断れる雰囲気ではなくて」なんて甘いことを言っているから騙されるのだと思いますよ。ねずみ講やマルチ商法などは、紹介料に何万円払いますよ、という甘い言葉の羅列で今回の20歳男子も結局ここから始まってますよね。49万のうち5万はその紹介料で賄えるだろう、3,4人紹介すれば20万も入るわけだから、なんていう皮算用をするのです。

この時点で判断力が完全に鈍っている。脳みそが何かに侵されています。冷静な判断からは程遠い状況です。お金は手にして初めて信用できるものです。あれやこれやと条件をつけて「クリアすれば入りますから」という言葉は詐欺師の常套手段です。

こんなことも見抜けないのは「間抜け」の極みで、20歳男子だけでなく詐欺に引っかかる人の痛いところですね。情報弱者というのは恥ずかしいもんだよ、ということを理解した上で、リテラシーをつけていくこと、勉強すること、きちんとした情報を自分の判断基準をもつために取り入れていく努力をすべきでしょう。

この記事の記者は「このような被害を受けた若者がいますよ」とただ注意喚起をしたまでで、解決案までは提示していない。私からみたら中途半端な記事だなと感じます。何かある前にどうすれば回避できるのか、という生きた知恵を持っていない。

この手の被害はこれからも止まることはなくむしろ拡大するように思います。ですから尚更、PRESIDENT Onlineほどの大手サイトに寄稿できるだけの記者が、抜本的な解決案を提示すべきですが。

何故被害を受けたのかだけではなく、現在未成年でこれから間もなく成人する若者たちがこの手の詐欺に引っかからないようにするにはどうすればいいのか、家族単位や学校などでも教師が率先して「投資教育」をすべきではないかと思います。

「投資」「金儲け」がいかに難しいことなのかを、しっかりと本質的な教育をふまえて親共々情報共有をし学びを深めることが大切だということを、国レベルで考えるべきだと思います。

被害を受けたから警察へ、消費者センターへなんて全く意味のないことです。甘えすぎですよ。だって、所詮、人は勝手なもので、誰も助けてはくれないのですから。

基本は「誰も助けてはくれない」を本気で理解すべき

だから日本人はすぐ騙されるのです。

欧米では基本的に「誰も助けてはくれない」が当たり前です。ですから、外国人観光客が日本へやってきて一番驚くことが「人がやさしい」ということです。海外でも親切にしてくださる方はいるでしょう。しかし日本並みの「おもてなし」「無償のサービス精神」は皆無です。

世界中で日本だけですよ、財布の落し物がそのままの状態で戻ってくる確率が高いのは。日本以外では金やカード類は100%出てきませんし、公的資料(パスポートなど)はある程度値段が付くので売られてしまいます。

日本人の「良さ」のひとつとして、人が良いというのは素敵な事です。私だってそうありたい。しかし「いい人」というのは「どうでもいい人」とも言えます。故に、どうでもいい人は、だれにでもい人で、いい人は結果的に騙される人になるのです。騙すよりは騙されるほうがいい、なんてウチの死んだばーちゃんが言ってましたけど、僕は内心「はぁ?」って思ってました。そのばーちゃんは「お金より人やで」とも言っていた。

本当に素敵なおばあちゃんだったけど、私は全く逆の発想ですね。「お金がすべて」ではありませんよ。そうじゃない。しかし「お金で人は変わる」恐ろしいことを身に染みて知ってしまったし、「お金は恐ろしいもの」だから大切にそして丁寧に扱わなければいけないことを、おばあちゃんには教えてほしかったなぁと。

もっといえば「お金より人」なんて比較するものでもないし、同列に並べるものじゃない。お金がなければ人を幸せにすることなんてできないし、真心にも限界があるものです。お金よりも人を大切にしろ、なんて幻想の世界じゃないの?と。

騙すことはしないけど、騙されたくもないわ、とおもうし「ばあちゃん、だからあの頃苦労したんだよ」と今は言いたい。時代の差もありますね。だけど、本質的に間違っているなとおもいます。

義理人情や、人との結びつきを非常に大切にする文化は理解できるのですが、人を大切に考えるならお金のことをきちんと理解して、取り扱いは細心の注意を払うべきだとおもうのです。ため込むだけじゃなく、ちゃんと使う。投資の原則として貯蓄ありきですから、そのお金をいかに運用するのかという「知恵と知識」をガッチガチに気合入れて構築しないことには、結果的に自分も幸せにならないし、人を幸せにすることだってできないのです。

貧乏で何ができますか?何もできませんよね?お金があるときとないときと、見るもの触れるもの、経験できるものの数も質も比較できないですよね?

「人より金」ということではありません。金は金、人は人です。そして、悪人は山ほどいる。人は簡単い人をだます。自分のことしか考えないのが人です。性善説を信じてる甘い人たち、人は悪いですよ。人こそ動物の中で一番の悪者です。

だからこそ、人を見る目を養う事、人がいったことを鵜呑みにしない事、疑ってかかるのではなくて信用=Trustを構築する手段をしっかりと考えることです。

基本的に他人はあてにしないことです。全部自分でやるべき。誰にも頼らずできる限り自分で自分のことを徹底的に管理し生きていくべきなのです。

人とのつながりは大切ですが、過剰に期待したり頼ったりすると、結果的にしんどいことになります。20歳男子はB君という「友達だから」という人にまんまと騙されてしまうわけですが、友人という枠の人たちの選定は非常に難しい。

それ以上に詐欺を見抜くのも「知恵と情報」が必要です。だからこそ、人に頼らず徹底的に本質を学ぶというプロセスを辿り「投資の神髄」を理解する努力が必要なのだと私は思います。

まとめ

投資の本質を理解せず、人を見る目がなく、人に流され、言葉にほだされ、若さは馬鹿さと昭和の時代ではよくいったもんですが、まさに20歳男子の幼児性が露呈した「事件」だったとおもいます。

その「事件」を取り上げた記者もカウンセラーのようですが、思考が「若い」方だという印象。事実関係を取り上げるも抜本的な解決案は提示していないので、うるさい私があえて苦言を呈する形でお伝えしました。

本質を捉えるのは難しい。人の生態、性悪説を信じたくないなんて方もいらっしゃるでしょう。しかし、情報がこれだけ氾濫し、ネット・リアル関係なく詐欺師に溢れた時代をいかに無傷で乗り切るかとなると、これからの子供たちにはお金の怖さ、人の恐ろしさ、投資のむつかしさと魅力も踏まえて、本当のところを話していくべきではないでしょうか?

日本の常識は世界の非常識です。世界基準からこれ以上かけ離れないように、脳みそもっと動かして考えたほうが良いと思いますよ。詐欺師のほうが残念ながら進化をしていて、あの手この手で騙そうとしています。騙されてからでは遅い。だから、学ぶのです。

投資を学ぶこと、相場を理解すること、世界経済の流れを把握することで、多くの詐欺案件はスルー出来るとおもいますよ?

投資について無料相談を受ける

無料メルマガへの登録はこちら

無料メルマガに登録をして頂いた方には、もれなく特典として

・無料レポート第一弾
・限定動画を7本
・初心者の知るべき7つの心得

をプレゼント致します。

また、メルマガ登録者の皆さんには、期間限定で
当サイトにて販売中の教材を特別価格でご提供致します!
是非この機会に登録してくださいね。

LINEの友達登録をする

最新の情報を得たい方はLINE友達登録してくださいね

 

 

 

読むだけで勝率55~60%を出せるだけのノウハウを全部詰め込んで、なんと無料で配布することにしました。

レポートは2部構成で70ページ以上のボリュームです。是非アナタのトレードに役立ててください。

 

無料メルマガ登録を頂ければ無料レポ以外にも、無料特別動画を7本

 

「初心者が知るべき7つの心得」を受け取ることができます。

 

詳細はメルマガ登録から最初のメールをご覧ください。

RELATED POST